買い気配と売り気配

| 未分類 |

株価の注文方法には成行と指値があります。成行で注文すればすぐに約定しますが、指値で注文を入れたとしてもすぐに早く乗しません。この指値注文の状態を複数気配と呼びます。何円でどれくらいの株数の注文が入っているのかを示したものだと言えるでしょう。
実際に売ったときには、複数気配の買い注文のうち最も高い価格と約定することになります。ですから、買い注文の中で最も高い価格の注文は重要な位置づけにあると考えられます。これを買い気配と呼びます。成行で売ったときに買う事のできる価格だと言えます。
買い注文を出したときには、売り注文と約定するのですが、価格優先の法則によって売り注文のうちもっとも安い価格を示している注文と約定することになります。これを売り気配と呼ぶのです。
この二つをまとめて気配値と呼ぶ事があります。約定したときにはそれが現在の株価として提示されることになりますが、ずっと約定しなかった場合には、気配値が現在の株価として用いられる事が多いです。流動性の低い銘柄の場合にはあまり約定しない事もありますから、株式の価値がどれくらいあるのかを判断するためには過去の取り引きを参考にすることができず、気配値を参考にすることが多いです。